HOME>ホットトピックス>現代日本だからこそ取り入れたい特長があります

現代日本の住宅に必要な要素が

畳

日本の誇る技術や文化は色々あり、現代においてはそれらの魅力が再発見される事が多くなっています。今回取り上げる畳も、その良さが改めて注目を集めるものの一つです。畳の最大のメリットと言えるのが、高い調質機能になります。特に、現代日本は夏の暑さが深刻になりつつあります。その主な原因が高い湿度になるため、畳を部屋に敷く事により、室内を快適に過ごす事が出来ます。次に注目すべき特長に、遮音性能があります。今は生活音等の騒音に敏感な人が多く、昔では誰も気に留めなかったような音でも近隣トラブルに発展するケースも見受けられます。それを未然に防げる可能性が高くなるのも、畳が注目される要因となっています。

多様なニーズに応えてくれます

畳

さらに畳の原料になるイグサの香りには、気持ちを落ち着かせてくれるリラックス効果があるとされています。イグサの香りの主成分の一つである、フィトンチッドは樹木から放出される芳香成分です。この香りが森林浴と似たような効果をもたらすとされ、ストレスホルモンの減少等、新進共に良い効能が得られるといわれています。さらに畳は、洋室の中のアクセントとして、インテリアのような使い方もされるようになりました。中には、欧米テイストが基本の住宅の中に、畳を入れて非日常感を演出するという手法を取り入れている人もいます。様々な面から、現代日本の暮らしを豊かにしてくれる、魅力たっぷりの素材といえるでしょう。

広告募集中